成功法でチャチャッと会社売却しよう!損する前に決断するのが吉

開業をサポートしよう

ラーメン店の独立支援をするためには、暖簾分けの制度を利用すると良いでしょう。暖簾分けは店舗で働きながらノウハウやスキルを身につけさせるという方法で、今や多くの人から人気があります。

もっと読む

会社を売る方法

オフィス

立ち上げた会社を手放す理由は人それぞれです。後継者がいない、資金繰りが厳しいなどありますが、いずれにしても会社を手放す場合は会社売却という形で会社を存続させることができます。会社売却をすると、売った方は売却益を得られるため、多額のお金を手に入れたままでリタイヤが可能です。後継者がいないまま会社経営を続けていても、長期的なスパンでみると損をする確率が高くなるため、社長候補がいない場合は早々に会社売却を行なって損をすることなく会社を他の企業に買取ってもらった方が良いのです。また、会社売却をすると、経営危機から脱出できるというメリットもあります。軌道に乗っていると思われている順調な企業でも、少し判断を誤っただけで会社が倒産してしまう恐れがあり、万が一選択を誤って倒産することになったら、経営者は責任を取る必要があります。そうなると自分だけではなく家族にまで影響が及んでしまうため、負債の額が多く赤字が続いているのなら会社売却に踏み切りましょう。

会社売却の方法には、株式譲渡や事業譲渡の2つがあります。株式譲渡の場合は、自社の株式を買い手の企業に売り渡し、会社を支配する権利を譲ります。この方法で売却をすると、経営者が売却金額を全額受け取れるといった利点がありますが、事業譲渡には、事業に関わる負債や資産のみを売却することができるという特徴があります。いずれの方法でもそこまで損をすることはありませんが、より得をするためにも自分に最適だと思う方法を選びましょう。

独立支援制度を導入する

カフェの開業が人気の理由は、特殊なスキルが必要なく、お金もそこまで掛からないからです。そこで、1人で独立することに不安を感じている人のために独立制度を導入して、サポート体制を充実させましょう。

もっと読む

起業するために

東京で会社設立の設立をする流れは、実は分かりやすいものです。認証のために法務局を探したり、会社の基本情報を決めていったりなど順序立てて行なえばスムーズに起業できます。

もっと読む