起業するために|成功法でチャチャッと会社売却しよう!損する前に決断するのが吉

成功法でチャチャッと会社売却しよう!損する前に決断するのが吉

起業するために

積木

東京の会社でいつまでも人の下で働くことに限界を感じた場合、会社設立を考えると良いでしょう。以前までは十分な資金がなければ起業は難しいと思われていましたが、最近ではネットが普及しているために比較的簡単に会社設立ができるようになっています。また、ネット起業ではなく東京で普通に会社設立をする場合でも、手順はそこまで複雑ではないので、独立成功のためにも基本情報を確認しましょう。まず、東京で会社設立をする場合の拠点となる場所を管轄している法務局や公証役場などを探していきます。東京であれば比較的近場で見つかる場合もありますが、時間を節約したいのなら代行業者に依頼すると良いでしょう。そして、その後は会社設立に必要な会社の基本情報を考えていき、経営のための基盤を固めていきます。

会社設立に必要な基本情報は、社名や出資者、取締役などです。さらに、事業の目的や公告の方法、決算日などを決めていきますが、事業の目的はネットなどでも検索できます。しかし、あまり良くない情報も中にはあるので、なるべく専門家に相談してアドバイスを受けた方が良いでしょう。そして、会社の基本情報を決めた後は本格的に準備を進めていきます。会社設立では、登記申請をするために書類の作成をする必要があるのですが、その際に会社の実印が必要になるので、発起人と取締役両方の印鑑証明書を事前に取得しておきましょう。発起人と取締役が同一人物である場合は、印鑑証明書が二枚必要になります。